IT活用応援隊

IT活用で今やれること、すべきこと

ワードプレスって何?

ワードプレスは無料のブログシステム

ワードプレスとは一言で言うと、誰でも使える無料のブログシステムです。Wix・Jimdo・Ameba Ownd・Movable Typeなどさまざまなブログ構築システム(CMS)がありますが、なかでも圧倒的な人気を誇るのがワードプレスです。
世界中のCMSの約1/3、日本では約80%以上を占めているのが現状です。

ではなぜそんなにワードプレスに人気が集中するのでしょう?不思議です。
考えられるメリットを挙げてみましょう。

ワードプレスのメリット

メリット1 専門知識が必要なくウェブサイトを運営できる
確かにプログラミングの知識が無くてもブログを完成させることは可能です。
しかし、完全なオリジナルデザインを作るのは専門知識が必要です。

メリット2 便利な機能がプラグインで追加できる
お問い合わせフォームや表作成ツールに画像圧縮ツールなど驚くほど何でも揃っているプラグインツール。これは大変便利です。

メリット3 情報が多くて分からないことが調べやすい
使っている人が多いのは情報量も多いということ。いろんな人が質問を投げかけてその回答も多いのは事実。使っているテーマにもよりますが基本構造は同じですよ。

メリット4 SEO対策がやりやすい
Googleが推奨しているだけあって、もともとSEO対策されているテーマが多いのも事実なのとプラグインでの対策もしやすいのです。

メリット5 無料である
テーマ(ひな型)やプラグインには有料のものもありますが、ワードプレス自体は無料で使えるものなので、この恩恵は非常に大きなメリットですね。


では逆にデメリットは無いのかというとそんなことはありません。

ワードプレスのデメリット

デメリット1 常に最新のバージョンでないとセキュリティに不安あり
世界中でのシェアも大きいのでセキュリティの脆弱性をついた攻撃もされやすいのは事実です。

デメリット2 バージョンアップのアップデートが面倒
テーマやプラグインは常にアップデートされます。この作業は自分で行う必要がありますが、管理画面にアクセスしている人ならそれほど面倒なことではありません。

デメリット3 データベースからの読み込みがあるので速度に不安
データベースとサーバーの両方にアクセスするので負荷が高くなるのは仕組み上仕方ありません。アクセス数が多くなるとより顕著に感じることもあります。

デメリット4 ドメインとレンタルサーバーに費用が掛かる
自サイトを運営するうえではこの費用は最低限掛ける必要はあるものですね。WixやJimdoなどは全て完全無料でも出来ますが、それはそれでデメリットもあります。

デメリット5 デモサイトを再現するには結構手間が掛かることもあり
専門知識は必要ないとは言われていますが、管理画面(ダッシュボード)の操作やテーマの導入からデモ画面のように完成させるにはちょっと苦労するかも


良いところ悪いところを挙げてみましたが、デメリット以上にメリットが大きいためやはりサイト構築はワードプレスをお勧めします。世界中の開発者が素晴らしいテーマを無料で提供してくれて大変便利なプラグインを使えるのは運営者にとっては非常に有り難い事であり、テーマに飽きたらボタン一つで違うテーマに変更できるなんてまさに夢のようです。使いこなすにはどうしてもある程度の知識と時間は必要ですが、サイトが完成したあとブログや情報更新だけならメールを打つ感覚で操作できるのは確かです。みなさんも一度ワードプレスを導入して自社のページを作ってみてはいかがでしょうか。

by toru

次へ 投稿

前へ 投稿

おすすめ記事
新型コロナウィルスの…
Cresta Posts Box by CP

© 2020 IT活用応援隊