IT活用応援隊

IT活用で今やれること、すべきこと

ホームページで必ずと言っていいほど見られる人気ページは!?

会社のホームページを見に来たユーザーにとって必ず開いてしまう人気ページがあるのです。このページの書き方ひとつで会社の信頼度も変わってきます!

それは会社概要(企業情報)ページです。

会社概要に記載する内容

・会社名・代表者・所在地・電話番号・営業日・受付時間
・設立・事業内容・資本金
・従業員数・売上高・主要取引先
・取引銀行・許可・登録・免許

これらの内容が書かれているページを会社概要ページと呼んでいます。企業サイトであればどこのホームページにも備えていると思います。

あまり目立たないページで、当たり障りのない情報を掲載する程度の認識かも知れません。そんな取りあえず付けとく的な会社概要ページは企業サイトの訪れた人の大半が興味を持って覗いていくという実は超重要ページなのです。

さらにこのページの書き方ひとつで会社に対する信用度やイメージを大きく変えることがデキるとしたら・・・

あなたにも心当たりはありませんか?

このサイトどこの会社?
社長さんはどんな人?
従業員は何人くらいいるんだろう?
資本金は?売上高は?


なぜか知りたくなる基本情報

実は本能的に書いてある記事の裏付けを取っているのです。

ようするに、記載された内容を信じていいのか?
どんな人が運営しているのか?安心して依頼できるのか?
基本情報によって判断しているのですね。


企業によってはご挨拶や経営理念・企業方針など
会社が向かうべく方向や社会貢献などに触れており
代表の言葉に共感を覚えたり、感情を動かされて
その会社のファンになってくれたりします。

会社概要の書き方

それでは、実際に会社概要ページをどのように書けばよいのでしょうか?
まず記載すべき内容は前述の通りほぼ決まっていますので、
実際にあなたの会社を訪れる人を想定してみることです。

自分が載せたい情報よりも、ホームページに来てくれるユーザーが確認したい情報を載せるようにしてみましょう。

あなたのホームページにくる人はおそらくこんな人です。

ネットで情報を見つけた人
貴社との取引を検討している人
就職を検討している人
サービスを利用しようとしている人

このような方々がホームページを訪れた時に
どんな情報が知りたいのかをよく考えることです。

また記載する時には次のことに配慮しながら記述します。

・表形式などによって見やすさを考慮する
・会社名にはふりがなや英語表記(外国人向け)を入れる
・所在地には地図へのリンクを貼る
・最寄駅からの行き方や掛かる時間など
・営業時間やお問い合わせ方法を分かりやすく
・顔写真は人柄が伝わるように
・会社の雰囲気が伝わる写真や動画は非常に有効
・なるべく人気(ひとけ)を出しましょう

このページで重要なことはひと気(け)を出すことです。
社長さんの顔写真とともに会社を興すに至ったエピソードをしっかりと書き留め、社員とともに何かをしている様子や社員旅行のよもやま話など。働いている方の笑顔や入社を決めたコメントなど、来訪者が会社の雰囲気を感じ取って温もりを感じたり、こんな会社で働いてみたいと想像させるのがいいですね。
そうすると会社に対する安心感や信頼が勝手に生まれて好感を持ってくれます。

これらを意識することで、会社のイメージを一変させることができます。同じ文字を羅列していることには変わりありませんが、書き方ひとつで見る側の印象を変えることができるなら、試してみる価値はありませんか。

by toru

次へ 投稿

前へ 投稿

おすすめ記事
何のためにホームペー…
Cresta Posts Box by CP

© 2020 IT活用応援隊